お子さんの歯の健康をサポートします

乳歯は永久歯に比べて歯質が弱いためむし歯になりやすく、しかも、むし歯になってしまうと早く症状が進行してしまいます。「どうせすぐに生え替わるからむし歯対策はしなくていい」という考えは間違い。放置しておくことでこれから生えてこようとする永久歯にまで影響をおよぼしてしまうこともあるのです。

そうなる前に「予防」をするのがもっとも重要です。健診からまずはご相談ください。

お子さんを「歯医者さん嫌い」にさせないために

お子さんが歯医者さんのことを嫌いになる原因のひとつに「周りからのネガティブな印象付け」が挙げられます。最初に「歯医者さんは怖い」、「治療が痛い」というイメージを持ってしまうと、その先もずっと「怖い場所」になってしまうもの。ですから、まずは周りの大人がしっかりと気をつけてあげることが大切です。お子さんが歯医者さんを嫌いにならないために、大人のみなさんは以下のようなことに気をつけましょう。

歯医者さんのポジティブなイメージを

まずは歯医者さんは怖くないことを教えてあげましょう。「歯医者さんは『むし歯』という悪者から歯を守ってくれる正義の味方」というようなイメージだと、お子さんも理解しやすいはずです。「歯医者さんは怖いんだぞ」とか「いい子にしていないと歯医者さんに連れて行くよ」などといったように脅し文句として使うのは厳禁です。

歯医者さんに行くことを正直に伝える

歯医者さんに行くことになったとしても、嘘をついて連れて行くのはNGです。安心させようと「ちょっと見るだけだから」「全然痛くないよ」というその場しのぎの言葉も、結果的に嘘だったと知ったら嫌いになってしまいます。上記の言葉と合わせるなら、「一緒に悪者をやっつけよう!」などと言えばお子さんも楽しくなるはずです。

がんばったことをほめてあげる

ちゃんと治療が終わったら、がんばったお子さんをほめてあげるのを忘れずに。例え少し痛かったとしても、それだけで嫌な思い出や苦手意識は薄まるものです。治療後すぐに、そして帰ったら家族みんなでもう一度ほめてあげましょう。

おやつの摂り方に気をつけましょう

お子さんは歯が弱いだけでなく、甘いものが好きなこともむし歯になりやすい要因。お父さんお母さんがしっかりとお子さんのおやつを管理してあげることで、むし歯のリスクを下げることができます。

おやつの時間を決める

ダラダラと食べる習慣がついてしまうと、お口のなかに甘いものが残ってしまい「むし歯になりやすい環境」がそれだけ長く続くことになります。おやつの時間をしっかり決めることが大切です。

むし歯になりにくいおやつを取り入れる

糖分はむし歯菌の栄養になってしまうため、摂り過ぎはよくありません。現在は「キシリトール」というむし歯の原因にならない甘味料を使ったガムやタブレットも増えていますので、毎日のおやつにうまく取り入れるといいでしょう。

お子さんの「クセ」にご注意を

普段何気なく行っているクセが、お子さんの歯並びや咬み合わせの乱れなどにつながってしまうことがあります。以下のようなクセがある場合は早めに直してあげるようにしましょう。

指しゃぶり
爪を咬む
これらのクセは、歯と歯ぐきに不要な力をかけるため、継続することにより出っ歯や受け口の原因となってしまいます。
歯ぎしり
咬みしめ
歯ぎしりや咬みしめは顎に非常に大きな負担がかかります。これにより、歯のすり減りや歯並びの乱れにつながります。
口呼吸 口呼吸を続けていると、舌の位置が定まらなくなり、歯並びに影響が出ることがあります。また、口腔内が乾燥することで菌が繁殖していまい、むし歯や歯周病のリスクが高まります。
片側だけで咬む 食事のときに片側だけで咬むクセが付いてしまうと、顎の歪みや咬み合わせ、さらには全身のバランスにも影響が出てしまいます。
横向き寝
うつぶせ寝
ほおづえ
これらのクセはどれも顎に強い負担がかかるため、顎の歪みにつながったり、歯並びに影響が出たりしてしまいます。
咬む回数が少ない 食べ物をよく咬むことは顎の発達には欠かせません。よく咬まずにすぐに飲み込んでしまうクセがつくと、胃腸に負担がかかり消化不良を招き、成長を阻害してしまう可能性もあります。

各種処置方法紹介

ブラッシング指導
お子さんの発育やお口の状態に合わせた適切なブラッシング指導を行います。お子さん自身ができるようになることはもちろん、お父さんお母さん向けの「仕上げみがき」の指導も行います。
フッ素塗布
歯の表面にフッ素を塗布することで、歯質を強化しエナメル質を溶かしてしまう「酸」から歯を守ります。また、フッ素は歯の再石灰化を促す効果があるため定期的に行うとより効果的です。
シーラント
奥歯は非常に複雑な形状をしているためブラッシングで汚れを落としづらく、むし歯になりやすい傾向にあります。そこで、その溝をレジン(歯科用プラスチック)であらかじめ埋めてしまい虫歯を予防します。
過剰歯の抜歯
ごくまれに、通常生えるべき本数よりも多く歯が生えてしまうことがあります。この過剰歯は、むし歯になりやすかったり、周囲の歯並びに悪影響をあたえたりするため、抜歯するケースがほとんどです。

小児歯科のことなら、宇都宮の「長歯科医院」へどうぞ
ご相談・お問い合わせは電話・FAXで受け付けております
TEL:028-624-3060 FAX:028-627-3854