長歯科医院のむし歯対策

むし歯は、ごく初期の場合を除いて、自然治癒することはありません。それどころか放置しておけば歯を失うことにもなりかねない怖い病気です。

「歯がズキズキする……」「冷たいものや温かいものが歯にしみる……」

このような症状が出ているときにはすでにかなり進行した状態。一刻も早い対策が必要です。こちらのページでは、むし歯の基本情報と宇都宮の長歯科医院が行うむし歯対策についてご案内します。

むし歯を放置すると危険

むし歯には大きく5つの段階に分けられます。放置していると症状はどんどん進み、大掛かりな治療が必要になってきます。

進行段階 症状 治療方法
C0
ごく初期のむし歯
歯の表面のエナメル質が溶け始め白く濁ってきます。痛みはありません。 適切なブラッシングの継続と、フッ素塗布を行うことで再石灰化を促し、自然治癒することがあります。
C1
エナメル質に穴
表面のエナメル質がさらに溶け、穴が空いてしまった状態です。むし歯にかかった箇所が黒ずんできます。まだ痛みはありません。 適切なブラッシングの継続と、フッ素塗布を行い経過観察をします。
C2
むし歯菌が象牙質まで達する
エナメル質が溶け、むし歯が象牙質まで達してしまった状態です。冷たいものや甘いものを口に入れたときに痛みます。 むし歯菌が感染している箇所を削り、インレーを詰めます。削ると痛みが出てしまうため、麻酔を行います。
C3
神経まで達する
むし歯が神経まで達してしまった状態。何もしない状態でも痛みを感じます。 むし歯菌に侵された神経を取り除く「根管治療」を行い、治療箇所に「クラウン(被せ物)」を被せます。
C4
歯根まで達する
歯の大部分が溶けてなくなってしまい、むし歯が歯根まで達した状態。神経が壊死し、痛みはなくなりますが、やがて歯根部が膿み、再び激しい痛みが出ます。 この状態まで達すると、多くの場合で抜歯が必要になります。抜歯後は、「義歯(入れ歯・ブリッジ)」、または「インプラント」による治療を行います。

※C1とC2からさらに細分化されます。詳細は診療時にお伝えします。

初期のむし歯は再石灰化で治しましょう

ごく初期のむし歯であれば、「再石灰化」を促すことで削らずに治せる可能性があります。「再石灰化」とは、酸によって溶け出したエナメル質が唾液中の「リン酸カルシウム」の作用によって修復される現象のことです。フッ素塗布やキシリトール入り歯みがき粉を使うことで再石灰化を促しつつ、むし歯の経過を見ていきます。

Pick Up! むし歯と知覚過敏は違う?

むし歯も知覚過敏も冷たいものを食べたり飲んだりしたときに「しみる」のは同じですが、状態が少し異なります。むし歯でしみるのは、「むし歯が表面のエナメル質を溶かして象牙質を露出させてしまっているため」ですが、知覚過敏は「その他の何らかの原因でエナメル質が削れて象牙質を露出させてしまっているため」に起こります。

似たような症状なので、自分でははっきりと区別するのは難しいですが、知覚過敏の「しみる」状態が一時的なのに対し、むし歯のほうはその状態が持続する傾向にあります。いずれにせよ、ご自身で判断するのはおすすめできませんので、一度歯科医院にご相談されることをおすすめします。

むし歯治療のことなら、宇都宮の「長歯科医院」へどうぞ  ご相談・お問い合わせは電話・FAXで受け付けております  TEL:028-624-3060 FAX:028-627-3854